お知らせ

保険対応の外壁工事とは?どんな保険を使う?!

  • 2020.10.20

外壁工事を行う場合、保険対応で行うことができるケースがあるのをご存知でしょうか。

外壁工事を保険対応で行うことのできる保険は、火災保険です。

誰でもどんなケースでも火災保険を使用して外壁工事を行うことができるというものではありませんが、火災保険を使用して外壁工事を行うことのできる保険の種類は、約5種類ほどあります。

 

まず、保証の範囲(住宅の分類)によって種類が分かれていて、加入している保険の種類によっては、全額補償とならない場合も少なくありませんので、注意が必要です。

 

住宅火災保険に加入している場合は、火災や水害、落雷、風やひょうによる災害など基本的な自然災害が補償対象となっています。住宅総合保険に加入していると、住宅火災保険の内容にプラスして、盗難やいたずら、不注意による破損、漏水にも対応しています。

 

マンションやアパートなどに居住している人が加入する団地保険という火災保険では、不注意の火災や事故などによって外壁を損傷させてしまった場合、建物の持ち主である大家さんへ支払う賠償費用の補償がされます。

それ以外にも、近隣の人に対する賠償費用の補償も付帯されていることが多いので、加入しておくことで安心して生活することが可能です。

 

この他にも、オールリスクタイプと言われる、様々な事象をカバーできる火災保険では、こんなことでも外壁工事の補償対象となるんだというくらい手厚い補償があるので、いざという時に確認し、使用することをおすすめします。

 

静岡県富士市にある板倉塗装は48年積み上げた実績と技術でお客様にご納得いただける施工をお届けします。
屋根塗装や外壁塗装のお見積もりでしたら是非当社にお問い合わせください。
また、雨漏りや悪徳業者の相談なども承っております。

お問い合わせはこちらから

Copyright © 2021 板倉塗装 All rights reserved.